ネットバンクとゆうちょ銀行の特徴とサービス

新しい銀行と古い銀行

ゆうちょについて

ゆうちょで取り扱っている商品

ゆうちょ銀行は、一般の銀行と取扱商品に差があるのでしょうか?

ゆうちょ銀行では、一般の銀行では取り扱っていない「定額貯金」というものを取り扱っています。これは、お金を預けた日から6か月経てばいつでも払い戻しができ、最長10年間預けることが出来るというものです。1000円から300万円まで預けることが出来ます。定額貯金の利点は、金利の高さと利便性です。お金を預けた日から3年までは、半年ごとに金利が上がる段階金利が適用されます。(金融情勢によっては金利が上がりません。)また、預け入れ期間全体を通して半年複利のため、お金を雪だるま式に増やすことが出来ます。お金を増やしながら、入院や結婚などの急な出費に備えるのに便利です。

一般の銀行では扱っていてもゆうちょ銀行で扱っていない商品として、個人向けローンがあります。しかし、ゆうちょ銀行はスルガ銀行と提携し、代理業者としてスルガ銀行の住宅ローンやカードローンなどの申込みを受け付けています。

ちなみに、ゆうちょ銀行と一般の銀行では商品の呼び名が若干異なります。例えば、一般の銀行では「普通預金」、「定期預金」、「貯蓄預金」と呼ぶものを、ゆうちょ銀行ではそれぞれ「通常貯金」、「定期貯金」、「通常貯蓄貯金」と呼びます。銀行に預けたお金のことを、一般の銀行では「預金」と呼びますが、ゆうちょ銀行では「貯金」と呼んでいるようです。なお、呼び名は異なっても商品の内容はほぼ同じです。