ネットバンクとゆうちょ銀行の特徴とサービス

新しい銀行と古い銀行

ゆうちょについて

ゆうちょ銀行の良いところ

ゆうちょ銀行の最大の利点は、店舗とATMの多さです。日本全国の郵便局やATMで取引が出来ます。そのため、出張先や旅行先でお金を引き出したり、県外に住む家族への仕送りをしたりするのに大変便利です。また口座を解約する際、他の銀行では口座を開設した店舗で解約手続きをしなければいけませんが、ゆうちょ銀行では全国の郵便貯金を扱う郵便局で解約手続きが出来ます。

利用時間内であればATM手数料が無料であるというのも大きな魅力です。さらに、これは意外と知られていないかもしれませんが、ゆうちょ銀行の口座間であれば、ATMでの送金の手数料が無料です。(但しこのサービスは平成26年9月30日まで。)

民間の銀行が万が一倒産した時のために預金保険制度に加入しているというのは、皆さん知っていると思います。ゆうちょ銀行も、民営化の際に預金保険制度に加入しました。よって、万が一ゆうちょ銀行が破綻した時は一人1000万円までがきちんと保障されるので、安心してお金を預けることが出来ます。

また先ほど、ゆうちょ銀行は民営化したと言っても、株式の保有の面ではまだ後ろに国がついていると述べました。これは個人によりますが、後ろに国がついているというのは、お金を預ける際の安心感につながる事があります。

ゆうちょ銀行に口座を持つことには、こんなに沢山のメリットがあります。メインバンクとして都市銀行に口座を持っている人でも、ゆうちょ銀行に口座を一つ持っておくと便利かもしれません。