ネットバンクとゆうちょ銀行の特徴とサービス

新しい銀行と古い銀行

住信SBIネット銀行のすすめ

住信SBIネット銀行とは

住信SBIネット銀行は、三井住友信託銀行とSBIホールディングスが共同で設立したインターネット専業の銀行として2007年に営業を開始しました。銀行と証券会社の要素を合わせ持ち、様々なサービスを展開しています。

住信SBIネット銀行の支店はすべてネット上の仮想店舗です。本店の他に法人向けの口座が割り当てられる法人第一支店、そして個人向けの口座が割り当てられる5つの支店があります。この5つの支店にはイチゴ、ブドウなどの果物の名前がついています。

取り扱っている商品は以下の通りです。まず、円預金は他の銀行と同じように普通預金、定期預金、仕組み預金を扱っているのですが、住信SBIネット銀行ではこれらに加えてSBIハイブリッド預金という商品を扱っています。これについては後ほど詳しく説明します。外貨預金について、住信SBIネット銀行では外貨普通預金・外貨定期預金はもちろん、外国為替証拠金取引(FX取引)も扱っています。住宅ローンについては後ほど説明します。ネットローン(カードローン)について、ローン専用カードは発行せず、ローン口座から普通預金口座へ振替える形で借入れます。インターネットで申し込むことができ、手数料は無料です。また、教育ローン・自動車ローンなどの目的別ローンも扱っています。保険について、住信SBIネット銀行では、SBI損害保険三井住友海上あいおい生命保険を始め、複数の保険会社の商品を取り扱っています。